校長 小林です。

 すべてのプログラムを終了し、浜で閉校式をおこないました。開校式に「お願いします」とあいさつしたからか、海は快く子どもたちを受け入れてくれたようで、みんなで「ありがとうございました。」とお礼を言いました。浜を後にして宿舎に帰り、子どもたちは急いで入浴し、昼食をいただきましたが、その間先生たちは子どもたちの水着の水洗いと脱水を行うなど、てんてこ舞いでした。昼食はばら寿司とお吸い物でしたが、ばら寿司はどんぶりに入っていて、結構な量が入っていたので、時間がない中、お腹いっぱい食べてもらおうという宿舎の方のやさしさを感じました。お昼ごはんが終わると宿舎を退所する時間です。とても慌ただしいのですが前日の本校と同じように次の学校が入所を待っているので、こちらもさっさと空けてあげないといけません。1泊2日のお礼を述べて宿舎を後にしました。帰る頃は梅雨明けの快晴で海も空も真っ青でした。

GOPR0190.jpg 一泊二日お世話になりました!

GOPR0195.jpg 帰る頃には快晴でした

GOPR0193.jpg バスに乗って一路、大阪へ

 バスに乗りこみ竹野浜を後にして一路大阪に向かいました。帰路はみんなお疲れモードで多くの子が「爆睡」していました。途中おやつタイムがあったりDVDの映画を見たりしながら予定時刻よりも早く学校に到着しました。帰校時にはたくさんの保護者のみなさまにお迎えいただき、ほんとうにありがたかったです。帰ってきたお子さんを見られてきっと成長したなと感じられたのではないでしょうか。解散式を行い、6年生のみんなは満足した表情で帰途についていました。この先、海で泳ぐ経験はたくさんあるかもしれませんが、友達と励まし合いながら隊列を組んで一緒に泳ぐという経験はもうないかもしれません。そういう意味では本当に貴重な経験ができたわけで、この経験を残りの小学校生活で生かしてほしいと思います。

GOPR0208.jpg みんな成長して帰ってきました。


 

 本日の記事をもってしばらく学校ブログもお休みをいただきます。1学期の間お読みいただきありがとうございました。次は二学期に学校の話題をお届けする予定です。よろしくお願いいたします。

 校長 小林です。

 ぐっすり寝て起きた2日目。空は曇り模様でした。朝ごはんはご飯、みそ汁、干しカレイ、厚焼き玉子と、ベーコン・野菜の炒め物、海苔とお味噌汁でした。この日の水泳に備えてしっかりと食べます。朝食ののちに着替えて海へ。昨日に行った水慣れ、バディー泳等を行った後に、隊列でコースを泳ぐ練習をおこないました。このころから空が曇り、雨が降ってきました。すぐに通り過ぎるのがわかっていたのでそのまま続けましたが、自然の中で行っている行事なのだなと改めて感じました。

 そしていよいよ最後の「小遠泳」です。班によってコース・距離は違いますが、沖方向に出て浜に平行に泳ぎ、また浜に戻ってきます。所どころ大人は背が立つところもありましたが、子どもは背が立たないので真剣勝負です。緊張した面持ちの子もいれば楽しくて仕方がないというように終始笑顔の子もいましたが、海に来てから一段と上手になっている感じで、みんな間隔もコース取りも上手に泳いでいました。小遠泳が最後のプログラムなので、横を泳ぐ先生から「もう少しで終っちゃうよ。焦って泳がずに楽しんで泳ごうね。」と声をかけると「あー、もう終わっちゃうのか...」という声が子どもから聞かれました。小遠泳をする頃には空も晴れ渡り、自然も子どもたちの味方をしてくれているようでした。

GOPR0125.jpg 美しい竹野浜の夜明けです

GOPR0135.jpg しっかり食べてパワーをつけます

DSCN6913.jpg きょうもがんばるぞー!

DSCN6930.jpg 最後の小遠泳です

DSCN6953.jpg 自信たっぷりに泳げています

 校長 小林です。

 海から上がって宿舎に帰り、お風呂に入りました。お天気は良かったのですが、水温が低いと感じる子どももいたようなので、お風呂で温まってホッとしたことでしょう。お風呂から上がると、夕食の準備です。この日の夕食はごはん、フライ(エビ、イカリング)、野菜(キャベツ、ピーマン、レタス、トマト)、魚のフリッターのあんかけ、お吸い物、ポテトサラダ、メロンという豪華なメニューです。体もいっぱい動かしたので、お腹が空いていたのか、みんなペロリと平らげ、中には3杯、4杯とご飯のおかわりをした子もいたようです。

GOPR0093.jpg

GOPR0096.jpg

 夕食の後はお待ちかねの夜の集い。砂浜に集合して、クイズ大会やヲタ芸で盛り上がりました。ヲタ芸は光る棒を持ってするので暗闇の中ではとてもきれいでした。そのあとは恒例の打ち上げ花火を楽しみ、最後に私の方から沖合に灯っていた漁火と、この日とても美しかった星空の説明をしました。北斗七星がきれいにひしゃくの形に見えていて、プラネタリウムではない本物の星空のすばらしさを感じました。

GOPR0101.jpg 海には漁火が...

DSCN6891.jpg 浜の通路をがステージです

DSCN6900.jpg サイリウムの光がきれいです

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、宿舎に帰って就寝です。おしゃべりなどをしてなかなか寝付けなかった子もいたようですが、体は疲れていたのですぐにスヤスヤと寝息を立てていました。私たち教職員は夜遅くまでその日の子どもたちの様子の共有や翌日の活動内容・水泳体制の確認を行ってこの日を終了しました。

 校長 小林です。

 7月22日~23日にかけて6年生が臨海学習に出かけました。今年は実施前から台風が接近するなど、実施できるかどうか非常に気を揉みましたが、結果的に台風は通り過ぎて、計画通りに実施することができました。朝の7時40分から出発式を行ったのですが、お天気はあいにくの雨。そんな中、6年生の児童たちは大きな荷物を抱えて登校してきました。挨拶や諸注意のあと、来ていただいた保護者のみなさんに見送られて、8時10分にバスは出発しました。

DSCN6846.jpg 出発式「行ってきまーす」

 今年から箕面有料道路、新名神高速道路経由に変更しましたが、渋滞もなく順調に進み、12時過ぎには目的地の竹野浜に到着しました。大阪と違って竹野浜は快晴でとても暑く、まさに水泳日和でした。

 北前館というところで昼食のカレーをいただきましたが、あっという間に平らげてしまい、もしかするとカレーの量が少ないと感じた児童もいたかもしれませんが、満腹過ぎては泳ぐのもままなりません。適量だったのでないでしょうか。昼食をいただいたのちに各宿舎に分かれ、これから1泊2日お世話になることの挨拶をして宿舎に入りました。

GOPR0046.jpg おいしくカレーをいただきました

GOPR0055.jpg 1泊2日お世話になります

 水着に着替えていよいよ浜へ。開校式をおこない、2日間泳ぐ海に向かって「よろしくお願いします」とあいさつをしました。自然の前では人間は小さな存在で、決して自然を制することはできません。自然に対する敬意をもちながら海で泳いでほしいという意味合いからです。準備体操、や諸注意ののち海に入り、プールと同じように水慣れの活動をおこないましたが、子どもたちはとにかくよく浮くことに歓声をあげていました。プールではなかなか浮き身(手足を広げて仰向けに浮くこと。こうして海上で休憩を取ります。)が浮かない子も、この日は「初めて浮いた」と喜んでいました。その後、沖合に浮く先生の前まで泳いでUターンしたり、バディーで並んで泳いだりしながらプールでの練習のおさらいをしました。天気もおおむね良く、予定していた活動を滞りなく実施できました。

GOPR0065.jpg 海に向かって「よろしくお願いしまーす」

DSCN6869.jpg 海はプールと違うね

DSCN6859.jpg 海はよく浮く!

7月16日 居住地交流

| コメント(0) | トラックバック(0)

 校長 小林です。

 7月16日に居住地交流をおこないました。吹田南小学校の校区に住んでいる小学生は全員が吹田南小学校に通っているわけではなく、府立支援学校や私立の小学校、また市内の他校に通う子どもたちもいます。中でも高野台小学校は肢体不自由児のセンター校という位置づけで「やまばと学級」という学級があります。居住地交流とはそのように、他校に通う友達と一緒に交流する活動行事のことです。16日には「やまばと学級」に通っているお友達が、吹田南小学校に遊びに来てくれて、この日学期末のお楽しみ会を予定していたクラスにゲストとして参加しました。お楽しみ会では南小の校歌を披露し、「爆弾ゲーム」や「リーダーを探せゲーム」で楽しみました。これからも地域で一緒に育っていく仲間です。これからも仲良くしていきたいですね。

DSCN6799.jpg

DSCN6813.jpg

 校長 小林です。

 臨海学習顔合わせを直前に控え、7月16日に「児童と先生の顔合わせ」をしました。臨海学習では5人~10人の児童に対して1人から2人の指導者がつき、班の側面や後方にも先生がついて海で泳ぎます。「命を預ける・預かる」関係なので信頼しあうことが一番大切です。そのような水泳班の指導者と児童、また、宿舎での各係と担当の先生の顔合わせをしました。臨海学習は6年生の行事ではありますが、現地、学校での待機も含めてすべての教職員がかかわる大切な行事です。6年生の児童もずらりと先生が並んだ姿を見て改めて気が引き締まるとともに、安心もしたのではないでしょうか。

IMG180102-184949F.jpg

IMG180102-185255F.jpg

IMG180102-191241F.jpg

 校長 小林です。

 7月12日で1学期の給食が終わりました。通常ならば8月27日からまた、給食が始まるのですが、今年は工事の関係で8月28日から通称「デリバリー給食」が出ることになっています。子どもはもちろん、教職員も初めての経験なので、いきなり本番というのは大変だということで、7月16日に教職員向けのデリバリー給食試食会をおこないました。ただ、試食するだけではなく、配膳のようすも検証するという意味合いがあります。 

 デリバリー給食はお弁当箱におかずが入っていて、別に牛乳とパンが付きます。(デリバリー給食の間、ご飯は出ません。) この日は給食ワゴンにお弁当箱と牛乳、パンが載せられて運ばれてきました。味も良く、おいしくいただくことができました。次は子どもたちがいただく番です。楽しみですね。

給食03.jpg

給食01.jpg

給食02.jpg

7月13日 工事始まる

| コメント(0) | トラックバック(0)

 校長 小林です。

 臨海学習も無事に実施することができ、1学期も無事に終了しましたが学期中にお伝え出来なかった学校の様子について、引き続きお伝えしていこうと思います。もうしばらくお付き合いください。


 

 以前からお知らせしていましたように、給食調理室の2期工事とエレベーターの設置工事が始まりました。給食調理室は厨房機器を運び出し、中のコンクリートを削る大工事中です。エレベーター工事は各階のエレベーターが設置される場所にベニヤ板で覆いが作られています。また、運動場には工事資材等を置く場所にフェンスが建てられ、工事事務所も設置されました。夏休みに入り工事も本格化しています。写真にはありませんが、郷土農具館や倉庫群も取り壊されて無くなってしましました。工事中はご不便、ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

DSCN6770.jpg

DSCN6783.jpg

7月19日 1学期終業式

| コメント(0) | トラックバック(0)

 校長 小林です。

 本日7月19日は1学期終業式でした。1学期の授業日数は69日(1年生は入学式の日がプラスで70日)で、これだけの日数を学校に通い、勉強したり友達と過ごしたりしてきました。ここにきても気温があまり上がらず(猛暑よりはいいですが...)梅雨入りが遅れた分、梅雨明けももう少し先になるようです。また、警察官の襲撃事件が市内で起こり、外出を控えるなど不安を感じることもありました。ともあれ、南小学校の子どもたちはみんな元気で今日の終業式を迎えています。終業式では私からのお話の後、各種表彰をおこなったり、夏休みの生活で気を付けなければいけないことを先生たちのコントで確認したりしました。しばらくの間、学校を離れて家庭や学童保育、デイサービスで過ごすことになりますが、2学期の始業式にも元気な笑顔がそろうことを願っています。「今日で1学期が終わりました。いろいろとお世話になり、ありがとうございました。」とご挨拶をしたいところですが、臨海学習という大きな行事が控えています。臨海学習を無事終えて改めてお礼を言いたいと思います。

DSCN6818.jpg 元気よく校歌を歌います

DSCN6824.jpg 先生のコント「夏休みの生活」

DSCN6836.jpg 「さようなら!」「元気でね!」

 校長 小林です。

 7月12日は1学期給食最終日でした。市内の他校は給食が出ていますが、本校は調理室工事の関係で一足お先の給食最終日となりました。この日のメニューは、ごはん、牛乳、わかめじる、あつあげすぶた、ちりめんふりかけでした。毎日、事故なくおいしい給食を作り続けてくださった調理員さんには感謝です。8月からはデリバリー給食が出ますので、給食室で調理された給食が食べられるのは運動会の後になります。デリバリー給食も楽しみですが、しばらく給食が食べられないのは残念ですね。

DSCN6733.jpg