2016年7月アーカイブ

臨海学習②

| コメント(0) | トラックバック(0)

校長 小林です。

 開講式の後、準備体操を行い、その後、海に入りました。プールと海の違いを身体で感じるということで、少し海水を口に含んで塩辛さを体験したり、浮いたり沈んだりという水慣れ活動を通して、プールと違う浮力などを確認しました。

 そこからは水泳班の先生が沖に出て、一人ずつ先生の前まで泳いでUターンしたり、同じくバディーの二人で先生の前まで泳いでUターンしたりしながら、徐々に「海で泳ぐ」といった活動に慣れていきました。プールと海はいろいろなところが違います。浮力もそうですが、波や潮の流れもあり、時にはクラゲが現れることもあります。(今年は幸いなことにほとんどいませんでした。)「海の水は塩辛い」と頭でわかっていても、波をかぶってしまい、不意に海水を飲んでしまって「うわぁ、辛い!」と叫んでいる子もいました。

 この日の最後は翌日の遠泳を見据えた「隊列泳」をおこなって終わりました。予定していたプログラムを時間通り順調にこなすことができた1日目でした。

 

 みんなで手をつないで水に入ります             浅いところで水に慣れをしました

 

     沖合いの先生の前まで泳ぎます          バディーで合わせて泳ぎます

 

    隊列になって泳ぎます                海の浮き身は良く浮きますね


臨海学習①

| コメント(0) | トラックバック(0)

校長 小林です。

 当ブログでもお伝えしていましたように、6年生は7月23日~24日にかけて、豊岡市竹野町の竹野浜に臨海学習に行きました。今日から何回かに分けてその様子を紹介します。

 今年の実施日は土・日曜日ということで、道路の混雑等も予想されたことから出発時刻を繰り上げました。ご家庭からの子どもたちの送り出しも大変だったことと思いますが、おかげさまで出発時刻には参加児童が揃いました。

 出発式は海で泳ぐという不安もあってか、にこやかというより多少緊張した表情の子どもたちが多かったような気がしましたが、たくさんの保護者のみなさんに見送られて元気に出発しました。

 途中、バスに関するトラブルがあってご心配をおかけしましたが、ほぼ予定通りの時間に現地に到着し、現地のレストランで用意していただいたカレーをいただき、各宿舎に向かいました。

 入宿の挨拶をおこなった後、水着に着替えて浜へ。天気はこれ以上ないというほどの晴天。海の家がある辺りは海水浴のお客さんで混んでいましたが、竹野浜はとても長く、南小が水泳学習をおこなう場所は離れていたために、一般のお客さんはそれほど多くはありませんでした。

 海を目の前にして臨海学習の開講式を行い、みんなで大きな声で海に向かって「よろしくお願いします」と挨拶しました。

  

    緊張の面持ちの出発式             バスに乗り込み出発

  

    昼食にカレーをいただきました         一泊二日よろしくお願いします!