2020年度学校ブログの最近の記事

令和2年度の修了式でした!

3月24日(水)

朝から青空が広がり、気持ちの良い一日の始まり。

今日は、最終登校日。

令和2年度の修了式でした。

全員が整列することがほとんどなかった今年度ですが、修了式は、全校児童が運動場で間隔をあけて並んで行いました。

教頭先生の司会のもと、修了式は始まりました。

校歌斉唱は、コロナ禍のため、「心の中で歌いましょう」となりました。

校長先生からは、6年生が立派に巣立っていったことやその卒業式の準備で5年生が活躍したことが伝えられました。そして、今日配られる「のびゆく子ども」を見て、しっかりこの一年を振り返り、新学年に向けて目標を持ちましょうと言われました。

最期に、山田先生から、春休みの生活についてのお話を聞きました。

久しぶりの集合だったのですが、子どもたちが全員しっかり朝礼台の上で話している先生を見て、話を聞くことができました。

これだけしっかり話を聞くことができたのは、大きな成長だと感じました。

すばらしいことですね。

教室に戻ると、子どもたちは、「のびゆくこども」を受け取りました。

先生から一人ひとり、言葉をかけてもらいながら、受け取っていました。

beauty_1616551405957.jpgbeauty_1616551520863.jpg

beauty_1616551464694.jpg

最期に新年度に向けて教室移動をしました。

低学年は、机を廊下に出し、5年生が各教室へと運んでくれました。

各教室は、もう自分たちが過ごした場所ではなくなり、

新年度を迎える教室となり、この一年を終えました。

beauty_1616551656032.jpg

今年度は、新型コロナウイルス感染症の対応に追われ、当たり前のことが当たり前にできない学校となりました。

その中で、「新しい生活様式」の学校として、授業や行事を行いましたが、

子どもたちは、精いっぱいがんばってくれ、それぞれに大きく成長してくれたと思います。

保護者の皆様にも、たくさんのご理解・ご支援をいただき、本当にありがとうございました。

IMG_2858.jpgIMG_2857.jpg

課外クラブお別れ試合~体育館編

3月23日(火)

3月22日、23日の2日間をかけて、体育館の課外クラブのお別れ試合をしました。

22日は、バレーボールとバスケットボール。

どちらも先生チーム対6年生+αチームでした。

まずは、バレーボール

先生方は、久しぶりのバレーボールに四苦八苦しましたが、

子どもたちも緊張しているのかミスがあり、なんとか、先生チームが勝ちました。

次のバスケットボールでは、抜きつ抜かれつのシーソーゲームとなりました。

先生チームは、背の高さで少し有利なのですが、

子どもたちは、すばしっこさがあります。

しかもよく練習しているので、シュート率が素晴らしかったです。

しかし、こちらも僅差で先生チームが勝ちました。

beauty_1616400522970.jpgbeauty_1616400846052.jpg

beauty_1616400854421.jpgbeauty_1616400814401.jpg

そして、23日はバドミントン

6年生対先生2人でのハンディ戦が多かったです。

しかし、子どもたちは強かった。

ハンディをもらってもなかなか勝てませんでした。

教員の中にバドミントンの経験者が一人だけいたため、その先生はシングルスで戦いましたが、それはいい勝負になりました。

吹田市の大会で賞状をもらった児童との対戦では、先生が4人コートにはいりましたが、歯が立ちませんでした。

IMG_2839.jpgIMG_2836.jpg

IMG_2837.jpg

しかし、どの試合も子どもも先生もとても楽しく、思い出に残るものになりました。

最後に、各クラブから先生へのお礼のことばがありました。

beauty_1616401591184.jpgbeauty_1616401623813.jpgbeauty_1616485051557.jpg

課外クラブで精いっぱいスポーツを楽しんだ子どもたち・・・

中学校でも好きなスポーツに打ち込んでほしいと願うばかりです。

1年 今学期最後の給食です!

3月23日(火)

今日は、今年度最期の給食

この1年で1年生がどれほど成長したかを見るために、1年生の教室へ向かいました。

まずは、準備。

もうみんなサッと給食エプロンを着て、給食当番の準備ができるまで、静かに座って待っていました。

beauty_1616470114480.jpg

給食当番の準備ができると、号車ごとに順番に給食を取りに行きます。

どのクラスでも給食当番をしている子は手際よく、おかずをよそったり、パンを配ったりできるようになっていました。

beauty_1616470180479.jpgbeauty_1616470559538.jpg

beauty_1616470578771.jpgbeauty_1616470110328.jpg

beauty_1616470362914.jpgbeauty_1616470287191.jpg

全員の給食を配り終えると、給食係や日直が前に出て、給食カレンダーを読んでくれました。

beauty_1616470818431.jpgbeauty_1616470734811.jpg

そして、手を合わせて「いただきます」をしました。

今日のメニューは、ビーフンスープとさけとチーズのホイル蒸しでした。

ホイル蒸しは、600食分を一つ一つ調理員さんがアルミホイルで包んでから蒸したものでした。

beauty_1616470738111.jpgbeauty_1616470607831.jpg

勢いよく、ホイル蒸しにかぶりつく子どもたち。

「おいしい!」「たまねぎあまい!」と声があがりました。

beauty_1616470943148.jpgbeauty_1616470900326.jpg

最初の頃は、好き嫌いが多くてあまり食べられなかった子も、ずいぶん食べられるようになりました。

友達と一緒に食べるって不思議な力が湧いてくるからでしょうね。

1年生は、あと1日。そして、4月からは2年生。

とても頼もしく感じました。

3年 図工「ひかる泥団子づくりに挑戦!」

3月22日(月)

3年生は、最後の図工として「ひかる泥団子」を作りました。

泥団子って子どもの頃、砂場でよく作りましたよね。

その泥団子を丁寧に固め、さら砂(とても細かい目の砂)をかけて、

乾かして磨くと何と「ひかる」のです。

子どもたちは、泥団子を光らせるために、丁寧に土を丸めていました。

IMG_2796.jpgbeauty_1616380773313.jpg

だんだん丸い形になりました。

beauty_1616380718743.jpgDSC_0912.jpg

さら砂をかけると、少し白っぽい色に・・・

その状態で全体がしっとりするまで、30分ほど置きます。

DSC_0911.jpgDSC_0916.jpgDSC_0914.jpg

そして、磨くとあら不思議・・・

泥団子が黒光りするのです。

下の右の写真ですが、わかりますか?

DSC_0915.jpgDSC_0913.jpg

どの子も満足そうでしたよ。

5年 今日から最高学年として・・・

3月22日(月)

金曜日に6年生が卒業し、今日から5年生が最高学年になりました

そして、最高学年としての最初の仕事が、「卒業式式場の片付け」になります。

朝1時間目、5年生は体育館に集合しました。

そして6年担任から「卒業式が無事に行えたのも、式場をきれいに作ってくれた5年生のおかげです。ありがとう」とお礼を言われました。

また、これからは最高学年としてがんばってほしいと励まされました。

beauty_1616370975219.jpgbeauty_1616371002054.jpg

子どもたちは、とても神妙な顔つきで聞いていました。

最高学年としての意気込みが少しずつ湧いてくるようでした。

いよいよ、1・3組は体育館の片付け、2組は新教室を設定するための机運びに分かれました。

体育館では椅子を片付け、シートをたたむ作業をみんな一生懸命行いました。

自分たちで考えてどんどん作業をしてくれました。

とても初めての片付けとは思えませんでした。

beauty_1616371922899.jpgbeauty_1616371613224.jpg

IMG_2791.jpgIMG_2792.jpg

机運びをしたクラスは、

1階の図工室から、2・3階の教室へと机・椅子を運びました。

汗かくほどがんばっていたそうです。

卒業式の準備から片付けをする中で、グッと成長した5年生。

来年度は、学校の顔としてさらに活躍してくれることを期待しています。

祝!第四十七回卒業式!

3月19日(金)

澄み切った青い空、心地よい春の風・・・

春を感じる子のよき日に第47回卒業式を挙行しました。

朝、いつも交差点で交通安全の見守りをしてくださる西さんが、正門を飾りつけしてくださり、子どもたちにお祝いのメッセージを送ってくれました。

DSC_0901.jpgDSC_0903.jpg

そして、式場の準備は整い、静かに卒業生が入場してくるのを待っていました。

DSC_0906.jpgDSC_0905.jpgDSC_0904.jpgDSC_0910.jpg

9時25分からオープニングのビデオが流れました。

子どもたちの小さい頃の写真と現在の写真が交互に映し出されました。

どの子の顔も笑顔でいっぱいでした。

そして、入場。

舞台の上から2人ずつ登場してきます。

子どもたち一人ひとりが主役になる瞬間でした。

また、卒業証書授与の際には、一人ひとり自分の夢を語りました。

サッカー選手や小学校の先生、看護婦、YOUTUBERなどめざす職業を宣言する子もいれば、優しい人などのようになりたい自分を語る子もいました。

それぞれの夢がかなうよう努力してほしいと思いました。

そのあとの卒業生の言葉や歌は、事前録音したものやスライドショーを活用したものとなりました。

最後に全員でひな壇に上がり、保護者の皆さんにしっかりと成長した姿を見ていただきました。

卒業式を終え、子どもたちは教室へ。

そして担任との最後のお別れの後、保護者の間をくぐり、最後の下校となりました。

IMG_2761.jpgIMG_2762.jpg

IMG_2766.jpgIMG_2769.jpg

IMG_2771.jpgIMG_2772.jpg

どの児童も笑顔で巣立っていきました。

最後に下の写真を撮らせてもらいましたが、

最後のランドセル姿が輝いていました!

IMG_2775.jpg

今年度の卒業式は、コロナ対策としてマスクの着用、合唱や群読の中止、時間の短縮、保護者の制限など、制限の多いものとなりました。

その中で子どもたちが主役になれる卒業式を執り行うため、6年担任を中心に考えた末の卒業式でした。

ご協力いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

本日、本校を巣立っていった6年生90名が、夢に向かって大きく羽ばたいてくれることと願っております。

3年 人権協会から感謝状をいただきました。

3月17日(水)

今日は、人権協会の方が来校し、3年生の取り組んだ「人権の花」の活動について、感謝状をくださいました。

以前にブログで紹介しましたが、3年生がチューリップを育て、寿楽荘という高齢者施設のおじいちゃんやおばあちゃんに届けるという活動について、いただきました。

DSC_0872.jpg

まずは、校長室で感謝状を受け取りました。

そのあと、運動場に3年生が集合して、感謝状をもらったことを報告しました。

DSC_0880.jpgDSC_0887.jpg

さらに人権協会の方から、

人権まもる君」と「人権あゆみちゃん」の人形もいただきました。

ちょっと大きな人形だったので、代表して受け取ってもらった子は、しっかりと両手で持ってくれました。

DSC_0891.jpg

そして、全員で記念撮影をしました。

DSC_0896.jpg

がんばって育てたチューリップは、寿楽荘の方たちにとても喜んでもらえましたし、

このように感謝状もいただけるなんて、がんばったかいがありましたね。

DSC_0898.jpgDSC_0897.jpg

人形は、職員下足の前の切り株の上に展示してあります。

かわいい人形にさっそく3年生が見入っていました。

皆様も学校にお越しの際は、ぜひ、見てください。

2年 タッチペンで勉強中!

3月17日(水)

2年の教室をのぞいてみると、課題の終わった児童から、iPadを使って学習中でした。

ドリルパークというアプリを使って算数をしている児童や漢字を書いている児童がいました。

その手には、「タッチペン」が握られています。

beauty_1615940678412.jpg

iPadの導入に合わせて、全学年で一斉に注文したものが届いたからです。

beauty_1615940628718.jpgbeauty_1615940694502.jpg

beauty_1615940837216.jpg

使い心地を聞いてみると、「すごくいい!」という子が多かったです。

タッチペンは、太字と細字に2種類がついていて、えんぴつと同じ六角形の持ち手になっているものでした。

中には、「算数は、指の方がいいけど、漢字は、タッチペンの方が書きやすいねん。」と教えてくれる子もいました。

実際に漢字を書いているところをのぞき.こむと・・・

beauty_1615941027025.jpgbeauty_1615940970879.jpg

beauty_1615940989593.jpg

今まで、指ではなかなか字形がとりづらかったのですが、

タッチペンを使って、ノートに書くのと同じような文字が書けていました。

とても上手ですよね。

これからは、どの学年でも活用していきたいと思います。

6年 卒業にむけた奉仕活動で!

3月16日(火)

卒業まであと3日。

6年生の最後の取組みである学校や後輩児童に向けた奉仕活動を行いました。

今年度の取組みは、跳び箱をイラストでペインティングすることでした。

こうしておくと、低学年の児童が跳び箱に愛着を持つこともありますが、

片付ける時に、組み合わせを間違えず、スムーズにできるという利点もあります。

自分たちで、どんなイラストにするか考え、下書きをし、

ペンキで色を付けました。

どの子も手がペンキだらけに・・・

中には、服にもつけてしまう子もいました。

(保護者の皆さん、ごめんなさい!)

DSC_0856.jpgDSC_0857.jpgDSC_0858.jpgDSC_0854.jpg

そして、完成したのが、次の写真です。

どの跳び箱も力作ぞろいですので、全部の作品を掲載できないのが残念ですが、

一部をご覧ください。

IMG_2751.jpgIMG_2748.jpgIMG_2743.jpgIMG_2749.jpgIMG_2750.jpgIMG_2752.jpg

きっと4月から、在校生が楽しみながら、跳び箱に挑戦してくれることと思います。

6年生、ありがとう!

6年 道徳「親を知る」

3月15日(月)

今日は、卒業を前にした6年生3クラスで、道徳の特別授業をしました。

テーマは「親を知る」。子どもを育てる時の親の思いを考える授業です。

まずは、赤ちゃんのイメージを考えました。

赤ちゃんは、かわいい、小さいというプラスなイメージと、泣く、ほっとけないというマイナスなイメージだ出ました。

そして、実際のあかちゃんと同じ身長、体重の赤ちゃん人形を代表の児童にだっこしてもらいました。

DSC_0862.jpgDSC_0863.jpg

「重い・・・」という感想が多かったですが、中には、「命の重みを感じます。」と大人な発言もありました。

ね。

赤ちゃん人形は首もすわってない新生児と同じに作ってあるので、だっこする児童も緊張してこわごわ・・・・という感じでした。

その赤ちゃんを育てる疑似体験として、「生卵」を一人一つずつ配りました。

一人ずつに手渡していくと、みんな両手でしっかりとだっこすることができました。

DSC_0867.jpgDSC_0865.jpg

顔を描いて、名前を決めて、どんな子に育ってほしいかを考えてもらいました。

だんだんと愛着がわいてきたようでした。

DSC_0869.jpgDSC_0870.jpg

IMG_2741.jpg

ただ、その間もずっと片手で赤ちゃん(たまご)をだっこしたままなので、

すごく作業がたいへんそうでした。

子どもたちは、「子育てって大変だなあ」と感じ始めました。

次に、お互いに卵をあずかってもらう経験をしました。

預けた方は「大丈夫かな?」「ちゃんと面倒みてくれるかな」と不安になり、

預かった方は自分の赤ちゃんと友達の赤ちゃんの二つの卵をだっこし、「大変・・・」と感じたり、「責任持たなきゃ」という気持ちを感じたようでした。

最後に「赤ちゃんを育てる時の親の気持ち」を考えました。

「大変」、「心配」でも「大切にしたい」「元気に育ってほしい」という思いをそれぞれ考えていました。

<今回の授業の感想より>

・親が子供が返るのが遅い時にとても心配する気持ちがわかった。

・今回は卵だったけど、卵の倍大変なことを私の親がしていると感じてすごいなと思った。

・いつも親が言っている言葉に共感ができたかもしれない。

・お父さん、お母さんはどんな気持ちで育てていたのだろう?今日の勉強で親がどんな気持ちなのかが少しわかった。

とたくさんの児童が「親の思い」を考える機会になりました。

授業のあと、赤ちゃん(たまご)を半分ぐらいに児童が家に連れて帰りました。

お家でもどんなことを感じたか話してくれているといいなと思います。