10月4日 リコーダー演奏

 校長 小林です。

 いろいろな教科の中でも新型コロナウイルスの影響が一番でているのが音楽です。音楽は「歌唱」「器楽」「音楽づくり」「鑑賞」の4つの領域がありますが、歌を歌ったり笛や鍵盤ハーモニカを吹いたりすると呼気が広がるために、これらの活動を自粛してきました。しかし音楽科の中では「歌唱」「器楽」は大きなウエイトを占めますので、教員たちは毎時間何を学習していけばいいのか...と悩んできました。

 緊急事態宣言が明け、扱うことができる教育活動の内容についても変更がありましたので「対面にならないように」「短時間の活動とする」「換気をよくする」「密にならない」等に気をつけて器楽・合唱についても授業の中で再開しています。担当している教員に聞くと「子どもたちは久しぶりにリコーダーが吹けてとても喜んでいました。」と言っていました。子どもたちにとって自粛、制限でストレスがたまる毎日なので、歌ったり演奏したりする授業で情操を育みたいものです。

DSCN7622.jpg 教室でのリコーダー学習

DSCN7634.jpg 音楽室でのリコーダー学習

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.suita.ed.jp/mt/mt-tb.cgi/67511

コメントする

このブログ記事について

このページは、ウェブ管理者が2021年10月 5日 07:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月2日 修学旅行下見」です。

次のブログ記事は「10月5日 あいさつ運動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。