吹田市子どもたちの人権芸術展

メイシアターでこどもたちの人権芸術展が行われました。岸部第一小学校からは、1年生が発表、5年生が応援参加をしました。                                       

人権学習発表会

 1年生から6年生まで全員が参加し、人権学習発表会を行いました。

 新型コロナ感染対策のため、1部2.5年生・1部1,4年生・3部3,6先生の発表として、保護者の方には入れ替え制で参観していただきました。

 

緊急時引き渡し訓練

 学校公開の最後、緊急時引き渡し訓練を行いました。

 震度5強以上の地震が発生、授業が続けられなくなったため、児童は保護者の方に迎えに来ていただいて下校させる、といった訓練です。

 児童は、クラスごとに運動場に集合したのち、兄弟姉妹のいる子は、下の子のクラスにいっしょに並びなおしました。そこで、保護者の到着を待ちます。                             保護者の方は、担任に、名前を児童との関係を言ってから児童を連れて帰ります。担任は、引き取りカードで一人ひとり確認しながら、確実に保護者の方に引き渡しました。

1.2年生「人権の花」運動に参加

 吹田市人権政策室が行っている、「人権の花」運動に1,2年生が参加しました。

 はじめに、吹田市の人権擁護委員さんで、公民館の館長さんでもある本田智生さんに「みんなの大事な人権について」お話していただきました。子どもたちの中には、「公民館の館長さん、知ってる~」という子もいて、親しくお話を聞かせていただけました。

 その後、全員が一人一鉢、チューリップを植えました。1年生も、球根の上下まちがえないように、植えることがでいました。それから、プランターにパンジーを5株ずつ植えました。1年生がそ~っと運んで、2年生が植える作業を班ごとにしました。

 しっかりお世話して、春になって、花が咲くのが楽しみです。

ハロウィン

 近年盛り上がりをみせているハロウィン、テレビでも、仮装した若者が街へ繰り出して楽しんでいる様子が映し出されています。

校内でも魔女やおばけに扮した1年生が、口々に「トリック オア トリート!(Trick or Treat)」と言いながら6年生の教室へ集まってきました。

修学旅行2日目

 6:00起床、さあ、2日目はお楽しみの「姫路セントラルパーク」へ行きます。

 朝の散歩

DSCN5013[1].jpg    DSCN5014[1].jpg

DSCN5016[1].jpg    DSCN5023[1].jpg

 朝ごはん

DSCN5032[1].jpg    DSCN5026[1].jpg

修学旅行1日目②

 しっかり平和学習に取り組んだ一日が終わりました。宿舎は、岡山県の「良寛荘」です。良寛さんにちなんだお宿です。全館貸し切りでのびのび過ごせました。                        

修学旅行1日目

 6年生が修学旅行に行きました。行先は、1年生から取り組んできた平和学習のまとめの「ヒロシマ」、そして、6年間の仲間づくりのまとめ、思い出作りの「姫路セントラルパーク」です。 

1日目、秋空の下、新大阪から新幹線で広島へ、到着後、広島名物「お好み焼き」の昼食、そして路面電車で「平和記念公園」へ向かいました。路面電車降りると、原爆ドームが目の前に・・・表情が引き締まりました。折り鶴の子の像の前で平和集会を行い、1年生~5年生から預かってきた折り鶴を捧げました。その後、班ごとにボランティアガイドさんにお話を聞きながら碑めぐりをしました。最後に平和祈念資料館を見学、一つひとつの展示物の前で足を止め、しおりをに記録を残しなが館内を回りました。学校で調べたり、考えたりした「原爆」のことをより深く知りことができました。そして、改めて戦争と平和について考え、これを学校に帰って1~5年生に伝えていくこうと思ったようです。                                                 

5.6年生稲刈り体験

 地域の橋本さんの田んぼで稲刈り体験をさせていただきました。                                  6月に植えた苗が大きく育ちました。秋晴れの中、橋本さんの説明を聞いてから早速田んぼに入って稲刈りをしました。

稲刈りに使用するのは「のこぎり鎌」、稲は順手で持って刈ります。教えてもらった通りにやってみました。最初は慎重でしたが、慣れてくるとどんどん刈っていました。

5年生秋の校外学習

国立民族博物館に行きました。                                              館内は、グループごとに見学しました。いろいろな展示物があって時間が足りないくらいでした。