5年生初めての調理実習

| コメント(0) | トラックバック(0)
 今週(5月13日~17日)5年生は、調理実習をしました。

 家庭科という学習は5年生から始まります。

 調理実習は、自分たちで調理したものを「食べる楽しみ」があります。

 「早くやりたい!」の子ども達でした。

 包丁も初めて、コンロに火をつけるのも初めて・・・

「どきどきするなあ」と言いながらスタートしました。

調理実習.jpg

メニューは「緑茶」(お茶を入れる)「お菓子」(包丁で切る)です。

調理実習2.jpg

「お茶を同じ濃さで入れることや、均等に包丁で切るのは難しいな」という

子ども達の感想でした。

 自分で調理したものは、気持ちもいっぱい入ってか!大変美味かったようです。

  家庭科のねらいのひとつに「家庭生活で自分でできることを増やす」

というのがあります。

 ご家庭でも、「お茶を入れる」復習をされてはいかがでしょうか。

 子どもさんに入れてもらったお茶は、きっと美味しいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.suita.ed.jp/mt/mt-tb.cgi/4531

コメントする

このブログ記事について

このページは、ウェブ管理者が2013年5月17日 10:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「避難訓練(地震)」です。

次のブログ記事は「広げようあいさつの輪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。