1年間で唯一全国大会までつながる大きな大会。大阪中学校サッカー選手権大会は中央大会1回戦で豊中11中に1-2で敗れて幕を閉じました。

昨秋の大会で大阪では準優勝まで勝ち進んだこのチーム。この夏の大会でも近畿大会、全国大会と大きな目標を掲げ、頑張ってきましたが、夢はかないませんでした。

秋の大会後からずっと言っていたこのチームに足りないもの。それは「まじめさ」。普段の学校生活やサッカー以外の部分がしっかりできていないチームが勝てるほど現実は甘くありません。もちろん全員ができていないわけではない。だけどチームとして戦うスポーツである以上、全員が心を一つにしてまじめに愚直にさぼらずやりきる強さを身につけないと、高い目標を実現することはできないんだということを神様が改めて教えてくれた気がします。もちろんこれは、徹底させきれなかった顧問の責任でもあります。子供たちにはこの敗戦から人生の重要な教訓を学んでほしいです。

具体的には2失点のシーン。両方とも相手のFKのこぼれを決められたものでした。なぜクリアが中にいってしまったのか、こぼれたらすかさず詰めるということをこぼれる前から全員が考えていたのか、あと1歩、1cmを詰めていたら相手のシュートは決まらなかったかもしれません。シュートブロックは間に合わなくても、その寄せに来る姿で相手はあせってシュートミスをおこすからです。

最後のコーナーキックが相手GKにはじかれたシーン。相手GKをブロックできていたらあのシュートは入っていたかもしれません。「勝利の神は細部に宿る」とは何度か紹介してきた言葉ですが、顧問も含め、まだまだ詰めが甘かったということでしょう。

あとは3年生引退まで市長杯と吹田総体を残すのみとなりました。このチームが尻すぼみで終わるのか、この敗戦を糧に大きくジャンプするのかは子供たちの気持ち次第です。悔いなく最後の1か月をやりきってほしいと思います。

応援に来てくださった保護者の皆様、コーチ、先生方、ありがとうございました。

6月予定

| コメント(0) | トラックバック(0)

3年生にとっては泣いても笑っても残り4カ月!いよいよ勝負の時期がスタートしました。春季三島大会。夏の選手権大会のシード権がかかった大切な大会です。

ここ2カ月ほどなかなか調子のあがらなかった吹田二中サッカー部は、少し不安要素を抱えたままこの大会を迎えることとなりました。その不安がそのまま表れるかのうように予選リーグでは大苦戦。阿武野中学校戦は2-2の引き分け、茨木東中学校戦は1-2でリードされる展開から最後の最後に何とか同点においつき、これまた2-2の引き分け。結局0勝0敗2引き分けのギリギリ2位で予選を通過しました。

決勝トーナメントではもう一度反省すべきポイントを確認し、まずはみんなでいい雰囲気でサッカーをすることを大切にして試合に臨みました。それでも1回戦の吹田一中戦では自分たちのミスから先制点を許し、とてもいやな展開に。しかしここであきらめることなく戦い続けた結果、4-1で逆転勝利を収めることができました。これで少し勢いづいたわが吹田二中サッカー部は翌日の阿武山中戦では3-0で快勝。何よりも最後の最後で体をはって相手を0点に抑えたことが最大の勝因だったと思います。そしてブロック決勝の芝谷中学校戦。これも相手に先制点を許したものの気持ちを切らすことなくみんなで頑張り、立樹のすばらしいFKで同点においつくことができました。最後はPK戦。今年のチームはPKには多少の自信を持っているようで、なんとかブロック優勝でこの大会を終えることができました。(=三島のベスト4に入れたということです。)

子どもたちはどん底の状態から力をあわせてよく頑張ったと思います。しかしここまで苦戦を強いられたことを決して忘れてはいけません。なぜここまで苦しんだのか。それは普段の「まじめさ」に欠ける部分から来るものが大きいと思います。教室で好き勝手なふるまいをして他人に迷惑をかける、グランドで顧問がいないときにふざける、そんなサッカー部が結果を残せるはずがありません。むしろこの大会で負けてそれを思い知った方が良かったのではないかとさえ思います。このままでは大事なところで必ず転びます。顧問、部員ともに一人ひとりが気を引き締め直して、大きな目標の達成に向けて頑張っていきたいです。誰からも心から応援してもらえるようなサッカー部になれるよう頑張っていきます。勝って兜の緒を締めよ。挑戦はまだ道の途中です。

保護者の皆様、悪天候のなか多くのご声援ありがとうございました。

<春季三島大会 決勝トーナメント結果>

<吹田一中戦>

吹田一4.jpeg吹田一2.jpeg吹田一1.jpeg吹田一5.jpeg

<阿武山中戦>

阿武山1.jpeg阿武山2.jpeg阿武山5.jpeg阿武山3.jpeg阿武山4.jpeg

<芝谷中戦>

芝谷4.jpeg芝谷5.jpeg芝谷2.jpeg芝谷3.jpeg芝谷1.jpeg

自分との闘いに勝ち、限界まで頑張った結果です。

みんなの顔がそれを物語っています。

これをここで終わらせるのか、日常につなげていくのか。

頑張れ、みんな!

吹田市一年生大会優勝!

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月17日(日)、吹田市の一年生大会決勝トーナメントが行われました。予選リーグをギリギリの2位通過で勝ち上がることができたので決勝トーナメントでは1回くらい勝って3位の賞状がもらえればこの子たちも喜ぶかなあと考えていたら、あれよあれよと勝ち進み優勝してしまいました。けが人も多く、小学校5年生の助っ人まで入りながら、子どもたちは頑張りぬき、次々と自分たちより強い相手を撃破していきました。準々決勝、準決勝、決勝とすべてPK勝ち。GKの仁君はファインセーブ連発。山本先輩の背中をみていつのまにか成長していたようです。なんだかんだでこの子は練習を休みません。ケガをして出られなくなってしまった勇吹や友惺は監督になって指示を出したり、ボトル準備などの裏方を頑張りました。おかげで顧問の私は見守るだけでした。みんなが温かい雰囲気で意見を出し合って、協力して前に進んでいきました。子どもたちの力って無限ですね!一年生のみんな、おめでとう!今日もたくさんの保護者の皆様、応援ありがとうございました!

<一年生大会結果>

優勝:吹田二  準優勝:千里丘  3位:吹田一、片山

<勇吹監督、友惺コーチのもとみんなでミーティング>

image5.jpeg

<準決勝:吹田一中戦>2-0とリードされながらの追いついてPKへ。

加藤兄弟がゴールゲット!仁君は止めまくりました!

image3.jpeg

image7.jpeg

<決勝の相手はまた千里丘>

これまた2-0とリードされながら追いついてPKへ。

image6.jpegimage4.jpegimage8.pngimage2.jpeg

良かったね。おめでとう!でもまだまだ課題だらけやで!

3月16日(土)毎年恒例の卒業生VS現役生のダービーマッチを行いました。「吹田総体で優勝した卒業生」と、「大阪で準優勝までいった現役生」とのダービーマッチ、一体どちらが勝つのかワクワクでしたが、結果は卒業生の1-0勝利に終わりました。「まだまだお前らには負けへんで!」という先輩の意地が感じられ、現役はとても悔しがり、楽しいなかにも緊張感のあるいい試合でした。その後は未来の二中生であるスクールの子や、OBも参加して和気藹々と楽しい時間を過ごしました。たくさんの保護者もお見えになり、差し入れまでいただきました。これからも二中サッカー部が生徒、保護者、顧問、地域が一体となって発展していくことを願っています。

<久しぶりに颯斗の掛け声でアップ>

image9.jpeg

<みんなでハイポーズ>

image1.jpeg

2/11(月)J-GREEN堺にてガンバカップ本戦出場決定戦が行われました。昨年もここまでは来たのですが、昨年は西陵中に1-2で敗れて本戦出場できなかった大会で1年越しのリベンジです。相手は茨木南中学校。今日もインフルやケガで数名欠く状況ながら代わりに出るメンバーや、ベンチのメンバーもみんなで戦い、結果2-1で勝利することができました。本戦は3/29~31。春の全国大会といわれるほど、全国の強豪と試合ができる大きな大会です。また一段と成長できるように頑張ります。

試合は勝ったものの、その後のゴミの片づけ等が不十分でまだまだ未熟なチームです。サッカー以外の部分でしっかりできないチームは、そもそもその勝利に価値もないし、いずれ大事なところで負けます。そういったところをまずしっかりとやれるチームを目指してこれからも頑張ります。

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

<ガンバカップ結果>

http://osaka-fa.or.jp/3shu/game_information/fy2018/gamba_cup_yosen2018/

DSCN5608.JPGDSCN5581.JPGDSCN5584.JPGDSCN5610.JPGDSCN5568.JPGDSCN5597.JPGDSCN5567.JPGDSCN5593.JPGDSCN5578.JPG

2月予定

| コメント(0) | トラックバック(0)

2/2(土)吹田市中学校サッカー選手権大会決勝戦が関大高槻グランドにて行われました。相手は吹田市長杯に続いて千里丘中学校。吹田市長杯で初めて千里丘に勝って、それがまぐれだと言われないためにみんな必死で頑張りました。ケガや病気でいない選手のかわりに初めて出た1年生2人も頑張りました。

前半は千里丘の方がチャンスシーンが多かったものの、なんとか0-0で折り返しました。後半、相手の9番の選手に右サイドからカットインされ左足でGKの頭上を抜くシュートを決められました。まだまだトレーニングがたりないなと痛感しました。しかしその後も縦に急がず、しっかりボールを動かして反撃し、ついにFKのこぼれ球を1年生で初めてこの大舞台にたった高谷君がゴール右隅にシュート、同点ゴールをたたきこんでくれました。そして終了間際、乾君のランに木下君がパスを送り、決勝点。結果2-1で、またしても千里丘に勝つことができました。メンバーが数人欠けながらもしっかり勝ち切ったことは大きいと思います。来週はガンバカップの本戦出場決定戦です。またトレーニングして頑張ります。本日も多数の応援ありがとうございました。

吹田市中学校選手権大会 結果

優勝:吹田二  準優勝:千里丘  3位:関大一

4位:山田東  5位:南千里

image1.jpeg

吹田市長杯 優勝

| コメント(0) | トラックバック(0)

1/14(月)吹田市長杯の決勝戦が終わりました。相手は千里丘中学校。去年の1年生大会でも完敗し、この吹田市長杯の予選リーグで対戦したときも0-3で負けているとても強いチームです。試合は前半は0-2とリードを許したものの、後半2点を取り返し、延長戦でも決着つかず、結局PKで吹田二中が優勝となりました。千里丘中学校は一人ひとりの技術が高いだけでなく、とても一人ひとりが考えながらサッカーをするチームです。プレーの選択肢の数、声かけによる連動、ひとつ先を読んだ動き出しなどすべてにおいて吹田二中よりも上のチームで、先週までの試合をみていてこれは大きな差があると思いましたが、1週間しっかりトレーニングを重ね、なんとかPKで勝つことができました。子どもたちもピッチ内でお互いに声をかけあい、イメージを共有して奮闘し、ひとつまた成長できたのではないかと思います。こうしたレベルの高い相手に負けまいとトレーニングすることで、吹田二中サッカー部のレベルがさらにあがっていけばいいと思います。会場を提供してくださった摂津高校サッカー部の皆様、応援にきてくださった保護者の皆様、審判をしてくださった先生方、高いレベルにひきあげてくれた千里丘中学校サッカー部の皆様、すべての皆様に感謝いたします。おごれるものは久しからず。今後とも吹田二中サッカー部をよろしくお願いいたします。

<吹田市長杯結果>

優勝:吹田二中、準優勝:千里丘中、3位:吹田六中、関大一中

image1.jpegimage2.jpeg

12月、1月の予定

| コメント(0) | トラックバック(0)

12/16現在の予定表です。

1/4(金)は13:30キックオフで初蹴りです。

卒業生、保護者の皆さん、未来の二中生もぜひお越しください。

みんなで楽しくサッカーしましょ!

(13:30~のゲーム中学生中心なのでスクール生は14:30集合にしています)

12月予定表.pdf

1月予定表.pdf