秋季総体北ブロック予選 準決勝敗退

9/23(土)秋季総体北ブロック予選 

準決勝 対 阿武山中学校

0-2で負けました。

1回戦 4-0 追手門学院

2回戦 2-0 豊中12中

準決勝 0-2 阿武山中

準決勝・決勝と勝って、中央大会に行くつもりでしたが敗戦。

新チームがスタートしてほとんど負けることがなく、ここまで

来ましたが、大事な試合を落としてしまいました。

普段、勝ち試合が多いだけに、DFでのわずかな気の緩みを

つかれたり、劣勢になったときの精神状態、雰囲気をコント

ロールできなかったり、今まで準備してこなかった部分が

露呈した試合となりました。

今年は局面で数的優位を作ってパスワークを中心とした

サッカーで勝負するはずが、ほとんど個人頼みのサッカー

にもなっていました。

もっとこうしておけば・・・だらけです。

顧問として大反省の一日となりました。

ただ、選手のみんなもどこかで自分たちは強いと過信して

いたところがあったのではないかと思います。

決して自分たちはまだ強くない。

もっともっと練習が必要なんだと心に刻んだはずです。

「逆境こそ成長のチャンス」

また一から出直します。

保護者の皆様、たくさんの応援にこたえられず申し訳ありません。

吹田二中サッカー部、また一から頑張りますので、今後とも応援

よろしくお願いいたします。

IMGP2013.JPG

IMGP2026.JPGIMGP2044.JPGIMGP2041.JPGIMGP2018.JPGIMGP2045.JPGIMGP2061.JPGIMGP2063.JPG

新チームスタート & 9月予定表

3年生が引退し、新チームがスタートしています。

先輩たちが教えてくれた大切なことをしっかりと引き継ぎ、また

新たなステージに挑戦していきたいと思います。

さっそく吹田市長杯が始まりました。現在のところ

8/26(土) 吹田二 4-1 西山田

8/27(日) 吹田二 11-0 金蘭千里

と2勝0敗です。

まだまだ課題だらけのチームです。

天狗にならず普段の練習から引き締めて頑張ります。

9月の予定は次のとおりです。

9月予定.pdf

2017吹田総体結果

<準決勝> 

吹田一 7-1 竹見台

吹田五 1-1 吹田二 (PK4-5で吹田二の勝利)

<決勝>

吹田一 1-0 吹田二

<最終結果>

優  勝:吹田一

準優勝:吹田二

3位:吹田五、竹見台

吹田総体は準優勝で幕を閉じました。決勝で負けて、タイムアップのホイッスルが鳴った瞬間、子どもたちはグランドに倒れ、泣いていました。でも1回戦から負けてもおかしくない強敵ばかりだったのに、本当によく頑張ったと思います。今まで33回の歴史をもつ吹田総体ですが、二中サッカー部が決勝に進んだことはありません。二中の先輩たちの誰もがなしえなかった決勝進出をはたしただけでもすごいことだと思います。強敵吹田一中に何度となく押し込まれながらも必死に体をはってゴールを守り、最後の最後まであきらめず闘いぬく子どもたちの姿にブルッときました。準決勝が延長、PKとギリギリの展開だったこともあり、決勝では何人も足をつったり、負傷者が出たりと、まさに満身創痍でしたが、全員が力の限り闘っていました。この子たちと出会えたこと、一緒に闘えたことを幸せに思います。

会場には多くの皆様に足を運んでいただき、たくさんの声援をいただきました。保護者の皆様にはこれまでずっと二中サッカー部を支えてきていただきました。本当にありがとうございました。

3年生のみんなへ。

おつかれさま。しんどいときもたくさんあっただろうけど、お互いに支え合ってよく頑張ったね。春から夏にかけて何度も自分たちよりうまい相手を撃破できたのは、きみたちが強い心で前を向いて頑張ってきたからです。これからもどんな困難な壁が目の前にたちはだかろうとあきらめたりなんかせず、強い心で前を向いて乗り越えていってな!しばらくゆっくり休んだら、今度は闘いの場がグランドではなく机の上になるぞ~(笑)。そっちでも負けるなよ!

1,2年生のみんなへ。

夢を持とう。

夢の実現に向けてこれから1年間頑張っていこう。

君たちはどこを目指す?

吹田総体2回戦

8/4(金) 吹田総体2回戦 青山台中学校戦が行われました。一体、なんどこの中学校に負けたことか。。。。

今年も非常に個々の技術が高く、吹田選抜メンバーが多数いるこの相手にどうやったら勝てるのか。。。

考えられる限り考え抜いて、あとは気合いでこの試合に臨みました。

14:30 運命のキックオフ。

気合い十分の二中イレブンは何度となく球際で体をはり、相手ゴールにも襲いかかりますが、なかなか得点にいたりません。

もう前半も終わるかというロスタイム、敦史が右サイドをカモシカのようにかけあがり、そのクロスを智泰がシュート、キーパーがはじいていたところに啓吾がプッシュ!いい時間に先制点をあげることができました。

敦史のかけあがりもすばらしいし、それに間に合うようにペナ内にダッシュで駆け込んでいった智泰も啓吾もナイスでした。「仲間を信じて走る。」いいですね!

後半も受けに回らず、積極的にチャレンジしようということで、ポイントだけ確認して後半に臨みました。自分たちよりうまい相手に勝つには相手より頑張るしかありません。

二中のみんなは本当に体をはって、声をだし、必死に頑張っていました。あの姿はブルッときます。そうしたなか、啓吾が積極的なボール奪取から、ドリブル。PKを獲得し、それを智泰がきっちり決めてくれました。

神様がみんなの頑張りを見ていてくれたのかもしれません。そういえば吉志部神社に必勝祈願にいったらしいね!?最後には普段なかなか出場機会の少ない三年生も少しの時間ではありましたが出してあげることができました。本当はもっと出してあげたいのだけど。。。いつも顧問として難しいところです。

この子たちのために何ができるのか。また3日間必死に考えて、8/8(火)の準決勝・決勝に臨みたいと思います。

準決勝

10:00~ 吹田一中 対 竹見台中

11:15~ 吹田五中 対 吹田二中

勝てば

15:00~ 決勝戦 です。

※負ければ決勝までの間に、3位チーム 対 教員選抜 のエキシビションマッチがあります。

 が、これには吹田二中は出たくはありません。勝って決勝にいきます!

中学校のクラブ活動の最後を飾る吹田総体の季節がやってきました。

3年生はこれが終わると引退。。。。

毎年夏、吹田市総合運動場の芝生の上で、ギンギンに照りつける太陽のもと、これまで頑張ってきたすべてを出しきってぶつかりあう大会。

まさに筋書きのない、様々なドラマがうまれる大会です。

そしてわが吹田二中サッカー部は8/3(木)1回戦を迎えました。

学校によっては抽選の関係で、1回戦の前に0回戦があり、我々の相手は0回戦「高野台対千里丘」の勝者ということになっていました。

高野台は春の三島大会でベスト8、一方の千里丘中学校は夏の選手権で三島地区ベスト5に入り大阪中央大会に進出した強豪。

どちらが勝ってきても大変な相手やー!!!顧問はとんでもないくじを引いてしまいました。

結局、0回戦では高野台中学校が1-0で千里丘中学校に勝利したため、1回戦の相手は高野台中学校になりました。

最近の二中サッカー部はディフェンスに乱れがあったのでそこを気をつけること、全員で走りきること、グランドを広く使うことなどを意識して試合に臨みました。

その結果、前半に啓吾がスーパーゴールを突き刺してくれて、あとは必死になんとか守り切り勝利することができました。

啓吾が決めたゴールは何度も何度も練習してきた形。自主練のときも顧問の私に「キーパーに入って下さい」とお願いしてきてまで練習していた形でした。

選手権での凌玖のミドルシュートといい、今回の啓吾のシュートといい、生徒が一生懸命練習していた姿をみてきただけに、それが試合で決まると本当に

顧問としても感動します。生徒の頑張る姿って本当に美しいです。これぞプライスレスだと思います。

勝利の陰で、一生懸命ボトルに水を入れたり、炎天下のなかボール拾いで座ってくれたり、ビデオや写真を撮ってくれたり、声をからして応援してくれた仲間がいます。

スタンドには保護者の方はもちろん、先生方や友だちや先輩の姿もありました。みなさん、ありがとうございました。

2回戦は青山台中学校。過去の先輩たちも何度も悔しい思いをさせられてきたし、この子たちも冬に3-0で負けている相手です。

全力で頑張ります。

<写真>

赤:吹田二中  緑:高野台中

IMGP1789.JPG

円陣組んで、いよいよスタート!

IMGP1791.JPG

IMGP1835.JPGIMGP1830.JPGIMGP1795.JPGIMGP1796.JPGIMGP1798.JPGIMGP1792.JPGIMGP1827.JPGIMGP1801.JPGIMGP1822.JPG

IMGP1806.JPGIMGP1803.JPGIMGP1814.JPGIMGP1808.JPG

二中サッカー部、全員で闘っています。

1年生 吹田市選抜 5人合格!

7月~8月にかけて中学校1年生の吹田市選抜メンバー(吹田トレセン)の選考会が行われました。

各中学校からエース級が集まり選考会が行われ、もちろん学校によっては1名も選ばれなかったり、1名だけ合格という学校も少なくないなか、わが吹田二中1年生はなんと5人も合格しました。

選ばれたメンバーは定期的に集まって練習会を行い(トレーニングセンター、略称トレセン)、より高いレベルの中で切磋琢磨し技術を向上させたり、友だちの輪を広げていくことになります。

ときには吹田市の代表として他市の代表と試合をすることもあります。

選ばれた5人には次のようなことを是非大切にしてほしいです。

吹田二中の名前を背負って恥ずかしくない行動をとる。

選抜で学んだことを、自分自身だけでなく二中サッカー部にどんどん返す。(チームのレベルアップ)

自分を支えてくれている人たち(家族、仲間、トレセンの先生方など)への感謝の気持ちを大切にする。

選ばれたのは次の5人です。

[吹田市中学校1年生トレセン合格者]

江﨑蒼生君、山本勇斗君、髙松幸星君、乾晶仁君、木下仁君   

おめでとう!だけど「おごれる物は久しからず。」(意味がわからない人は調べよう)

夢を叶えるための手段として、この場を活用してください。

君たちが目指すものは何だ!?

吹田市長杯 準決勝敗退

7/23(日) 吹田市長杯 結果

<準決勝>

吹田二 0-3 豊津

吹田一 2-0 青山台

<決勝>

豊津 3-1 吹田一

●時間が守れない人は周りから信頼されないということ。

●リーダーとは人の2倍、3倍やるくらいの意識が必要だということ。

 そこまでやればみんなはついてくるということ。

●先生が言ったことに対して自分は何ができるのかということ。

 先生がこわくても食い下がる勇気、仲間のために動く勇気が持てなかったか。

●普段の積み重ねが大事なときに出るということ。(ハインリッヒの法則)

●失敗のあと。

多くを学んでほしいと思います。

いい加減な気持ちで2年半指導してきたわけではないので

今日は厳しくいきました。

もちろん今日おきたことは顧問としての力不足でもあります。

自分自身も反省してしっかり次につなげたいと思います。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

大曲

吹田市長杯 2次予選リーグ 第2節

7/16(日)15:20~吹田六中会場にて吹田市長杯2次予選 吹田三中戦が行われました。

今回は今まで頑張ってきた三年生主体で試合に臨もうということで、先発メンバーや戦術もすべて三年生に決めてもらいました。

結果は9-0で勝利し、決勝トーナメントに進むことができました。これで賞状とメダルがもらえることは確定しました。

しかしまだ決勝トーナメントが残っています。よりいい色のメダル、大きなカップがもらえるようにさらに日々の練習に気合いをいれていきたいです。

今日大勝したからといって気が緩んでいると次は負けるでしょう。準決勝であたる豊津中は選手権でうちに1-0で負けていて、打倒吹田二中で燃えているからです。

しっかり準決勝を確実に勝って決勝を闘い、そこで燃え尽きることなく、次の吹田総体へつなげたいと思います。

今日もたくさんの応援ありがとうございました。

<市長杯途中経過>

二中 2017年度 吹田市長杯サッカーの部 前期.pdf

(写真は続きにはっています)

7/15(土)吹田選抜(3年)の最終選考会が行われ我が吹田二中から青木蓮大君、萩尾大誠君の2名が見事に合格しました。

吹田選抜というのは各チームのエース級が受けに来る選考会ですので、レベルも高くなかなか簡単に合格できません。

自チームの練習や試合が終わった後、みんなが家に帰って休むところを、選抜の選考会を受けに行くという身体的負担や、不合格になったときの精神的負担なども伴います。

受験生ですので勉強との両立も大変です。

それでも吹田選抜を受けるという決断をした2人のチャレンジ精神はとても立派ですし、さらに合格というプレゼントまでついてきて本当に良かったと思います。

7/17(祝)に吹田市の代表として他市の代表チームと対戦してきます。

他中の子とも仲良くなって友だちの輪を広げそして多くのことを吸収し、チームに還元してほしいです。

蓮大、大誠、おめでとう!

他の合格者はほとんど小学校時代どこかのクラブチームで習っているのに二中スクールだけでよくここまで成長しましたね!

17日も頑張れ~!

二中サッカー部予定表 7月8月