療養期間等の見直しについて(9/8)

  • 投稿日:
  • by

(吹田市教育委員会より)

<抜粋>

(1)有症状患者

 ・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から解除を可能とする。

(2)無症状患者

 ・5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除を可能とする。

↓↓詳しくは下記リンクの内容をご確認ください↓↓

療養期間等の見直しについて(9/8).pdf

濃厚接触者の待機期間の短縮について(7/25)

  • 投稿日:
  • by

(吹田市教育委員会より)

<抜粋>

1.濃厚接触者の待機期間:5日間

2.濃厚接触者の待機期間が短縮となる場合:自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、2日目及び3日目で陰性が確認できていること。

↓↓詳しくは下記リンクの内容をご確認ください↓↓ 

濃厚接触者の待機期間の短縮について(7/25).pdf

今後の教育活動について(5/23)

  • 投稿日:
  • by

(吹田市教育委員会より)

本市におきましては5月23日(月)から今後対応を変更するまでの期間、別紙(下記リンク)のとおりの対応といたします。

教育活動は、感染防止対策を徹底したうえで、通常通り継続いたします。ご理解のうえ、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

市立小・中学校の今後の教育活動について(5/23).pdf

今後の教育活動について(4/26)

  • 投稿日:
  • by

(吹田市教育委員会より)

本市におきましては4月25日(月)から5月22日(日 )の期間、別紙(下記リンク)のとお り の対応といたします。
なお、新型コロナウイルス感染症 につきましては、日々状況が変化しているため、 必要に応じて変更が生じる場合があります。引き続き状況の変化及び、提供できる情報が入った場合はお知らせ いたします。 趣旨をご理解のうえ、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

吹田市立小・中学校の今後の教育活動について.pdf

濃厚接触者の待機期間について

  • 投稿日:
  • by

新型コロナウイルス感染症に係る 濃厚接触者の待機期間が短縮となる場合

① 自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、4日目及び5日目で陰性が確認できていること。
② 抗原定性検査キットを用いる場合は、鼻咽頭検体又は鼻腔検体を用いること。
③ 待機期間が短縮した場合であっても7日間が 経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認が必要となる 。

濃厚接触者の待機期間について.pdf