6月22日(火)フグとビオトープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今朝、飼育委員会の子どもたちがお世話をしているフグがなくなりました。

 このフグは、ニフレルから数年前にいただき、代々の飼育委員会が大切に飼ってきたものです。

 たくさんいた仲間もだんだん少なくなり、最後の1匹となってからも多くの子どもたち、大人たちの心を癒してくれる人気者でした。

 いつもいるはずのフグがいなくなっているのは、皆さんにとって寂しいことです。

 いままでありがとう。そして、さようなら。

DSCN1109.jpg

 子どもたちの遊ぶスペースではないので、目につきにくいのですが、うさぎ小屋の近くにビオトープがあって、メダカなどがひっそりと生息しています。このビオトープはこの時期、黄色いきれいな花であふれています。自然の力はすごいですね。

DSCN1108.jpg

DSCN1107.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.suita.ed.jp/mt/mt-tb.cgi/65784

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.8.0

このブログ記事について

このページは、ウェブ管理者が2021年6月22日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月2日(水)先生の研修」です。

次のブログ記事は「7月2日(金)メダカと七夕」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。